クラシック音楽


 クラシック音楽への興味は、小学3年生になったばかりの4月29日、ウオールト・ディズニーの映画「ファン
タジア」を見たのがきっかけでした。ミッキーマウスの振る指揮棒に従って音楽が流れ、それに合わせてアニ
メの映像が流れる。
 流れた曲は「くるみ割り人形、魔法使いの弟子、交響詩・春の祭典、田園・交響曲第6番ヘ長調、
時の踊り*ジョコンダ、禿山の一夜、アベ・マリア」でした。

 映画を見て2、3カ月もたった頃でしょうか、FM放送で「禿山の一夜」の放送があることを知った父は、ラ
ジオのスイッチを入れ、FM放送を聞かせながら、
  「どこかで聞いたような気がしないかい?」と尋ねたのです。
 すぐに、「ファンタジア」でのシーンを思い浮かべたようです。
 それからというもの、週刊「FMファン」をたよりに、自分で番組を探し出し、テープレコーダーに録音して
聞くようになったのです。

 下は入院中、40度の高熱にうなされながら、「FMファン」から、1字1句、几帳面に書き写したのです。
最後に「書くのにクロウシタゾ!!」と書き添えてあります。


ページ先頭へ 前へ 次へ ページ末尾へ
inserted by FC2 system